2015年ニュース

2015年3月23日

自動車ECU向け検証ツール『Silver』&『TestWeaver』がバージョンアップ、ADASツール連携機能などを追加

この度、QTronic GmbH(ドイツ、ベルリン)の自動車ECU向け検証ツール『Silver』および『TestWeaver』がバージョンアップし、ver.3.2.0がリリースされました。Ver.3.2.0では、主に下記項目が強化されています。

『Silver』 ver.3.2.0

  • チップシミュレーション
    Hexファイルから「呼び出し関係」「信号フロー」を把握することが可能。
  • Matlab/Simulink co-simulation機能
    Simulinkモデルをコンパイルすることなく、Simulinkのco-simulationを実行。
  • vECUタスクのMatlab/Simulinkによるバイパス
    コンパイルされたvECUのタスクをSimulinkのモデルで置き換え可能。
  • FMI2.0対応
    FMI2.0でエクスポートされたFMUをインポート。
  • Canvasウィジェット機能向上
    Canvasウィジェットを直接クリック、ドラッグ。
  • S-function、FMUの64ビット対応
    64ビット版Windowsで64ビットのS-function,FMUを実行。

『TestWeaver』 ver.3.2.0

  • ADASツール対応
    Advanced Driving Assistance Systems向けシミュレーションツール「VDT」「CarMaker」「PreScan」との連携が可能。
  • Report/Query エディタの改善
    • ブラウザ内でReport/Query エディタを表示。
    • シンタックスエラーを表示。
    • undo/redo機能の追加。
  • インスツルメントレポート
    各シナリオにおいて、記録された各データの最大値、最小値を表示するレポート機能を追加。
  • Pythonインスツルメント
    これまでのステップ入力に加え、ランプ入力が可能。

【製品紹介】

『Silver』
『TestWeaver』
Inquiries / materials request
ページの先頭へ