2015年ニュース

2015年8月20日

AirPlayミラーリング対応レシーバ開発キット
『AirPlay Receiver SDK』販売開始

弊社は、Tatvik Technologies(以下「Tatvik社」、本社:インド、バンガロール)のAirPlayミラーリング対応レシーバ開発キット『AirPlay Receiver SDK』の販売を開始いたしました。

『AirPlay Receiver SDK』は、iOS(iPhone/iPad)やOSX(iMac/MacBook/Mac mini)からのAirPlayミラーリングを、既存のWiFiやEthernetネットワークを介してAndroid、Windows、Linuxなどの非Appleデバイスで受信するためのソフトウェア開発キットです。

『AirPlay Receiver SDK』を使用することで、iOSデバイスのスクリーンに出力されるマルチメディアコンテンツやゲームなどのストリームを、AppleTVを経由することなく、PCなどの画面で共有することができます。また、同時に複数のiOSデバイスを接続することができ、出力のリサイズも可能です。

対応プラットフォーム

  • Windows (x86/x64)
  • Linux (x86/x64)
  • Apple MAC PC
  • Androidデバイス (ARM)

【製品紹介】

『AirPlay Receiver SDK』
Inquiries / materials request
ページの先頭へ