2017年ニュース

トップ > ニュース > 2017/2/20

2017年2月20日

ARM向け統合開発環境『TrueSTUDIO』ver.7.1.0リリース、
静的なスタック使用量確認機能を搭載

この度、Atollic AB(本社:スウェーデン)のARM向け統合開発環境『TrueSTUDIO』がバージョン アップし、ver.7.1.0がリリースされました。

Ver.7.1.0では、Static Stack Analyzer機能が搭載され、静的にビルドしたロードモジュールの関数が使用するスタック使用量の解析・表示が可能になりました。この機能により、動的テストを行わなくてもスタック量を見積もることができ、デバッグの効率化が図れます。また、サポートMCUやサポートボードが追加され、最新のプラットフォームがさらに利用しやすくなりました。

バージョンアップの主な内容

  • Static Stack Analyzer(スタック使用量の静的解析機能)の搭載。
  • STM32用統合開発環境「Ac6 System Workbench for STM32」向けプロジェクトのインポート機能をサポート。
  • STMicroelectronics社製MCUのボードサポートを追加;
    STM32F412G-DISCO、STM32F723E-DISCO、STM32L100C-DISCO
  • NXP社製MCUのボードサポートを追加;
    Freedom-K28F board
  • GDBサーバを各デバッガの最新ファームウェアに対応。
  • その他、細かな機能向上。
Inquiries / materials request
ページの先頭へ