2017年ニュース

トップ > ニュース > 2017/2/21

2017年2月21日

静的解析バグ検出ツール『CodeSonar』ver 4.4リリース、
MISRAを対象とした18個のワーニングクラスを新規追加

この度、米国GrammaTech社の静的解析バグ検出ツール『CodeSonar』がバージョンアップし、ver 4.4がリリースされました。

バージョンアップの主な内容

  • MISRA向けワーニングクラスの追加
    MISRAを対象とした18個の「C/C++ワーニングクラス」が新たに追加されました。また、Javaにおいても、「Findbugs」と「PMD」をアップグレードしたことで、新しいワーニングクラスが多数追加されました。
  • EDGアップグレード
    EDG ver4.11に対応いたしました。バグフィックスによるパースエラーの削減に加え、C++14への更なる適合が提供されます。
  • Java1.8への適合
    『CodeSonar』のJava解析エンジン「FindBugs」と「PMD」をアップグレードし、Java1.8に適合いたしました。これにより、『CodeSonar』ver4.4では、1.8JDKでビルドされた.classファイルの解析が可能になります。
  • Eclipseプラグインの改良
    『CodeSonar』Eclipseプラグインを改良し、ver3.7(Indigo)からver4.6(Neon)までをサポートいたしました。


Inquiries / materials request
ページの先頭へ