2017年ニュース

トップ > ニュース > 2017/5/30

2017年5月30日
株式会社ユビキタス
株式会社エーアイコーポレーション
Datalight, Inc.

ユビキタス・AIコーポレーション グループ、米国Datalight社と高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」の海外販売代理店契約に合意
〜Datalight社の販売網を活用し、QuickBootの世界販売を加速〜

株式会社ユビキタス(東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下「ユビキタス社」)は、グループ企業の株式会社エーアイコーポレーション(東京都品川区、代表取締役社長:加藤 博之、以下「エーアイコーポレーション社」)を通じて、米国Datalight, Inc.(米国ワシントン州ボセル、CEO:Roy Sherrill、以下「Datalight社」)と高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot™」に関して販売代理店契約の締結に合意しました。

QuickBootは、ユビキタス社が独自に開発した先進的なシステムの高速起動ソリューションです。車載機器を中心に、コンシューマー製品、産業機器など既にワールドワイドで1,000万台を超えるライセンスを出荷しており、組込み機器の起動時間を短縮するだけでなく、快適なユーザーエクスペリエンスの実現を支援しています。

Datalight社は、30年を超える組込み機器のOEMを支援してきた経験を持っており、ユビキタス社がQuickBootの新規顧客獲得を支援するのに十分な技術および国際市場開発の専門知識を持っています。

今回の合意により、ユビキタス・AIコーポレーション グループは、Datalight社が持つ販売網を活用し、今までアプローチできていなかった北米、欧州などを含むグローバルマーケットにQuickBootを展開し、ビジネス拡大を加速できます。一方Datalight社は、ユビキタス社の高速起動ソリューションQuickBootを取り扱うことで、ワールドワイドに広がる高速起動を求めている組込み機器メーカーの要求に応えると共に自社が開発する高速・電源断ファイルシステム、フラッシュメモリドライバも合わせて提案することで、ビジネスを拡大させていきます。

  • Datalight社CEO Roy Sherrill のコメント
    「当社の顧客は、常に生産性を向上させるために、機器の起動時間を改善する方法を模索しています。ユビキタス社のQuickBootを提供できることで、ファイルシステム単体で可能だったことに加え、さらにブート時間改善のニーズに応えられるようになります。」
  • ユビキタス社 代表取締役社長 佐野 勝大 のコメント
    「ユビキタス・AIコーポレーション グループとDatalight社とのパートナシップの発表について、大変嬉しく思っております。QuickBootとDatalight社の専門知識と技術を組み合せることで、新たな顧客にアプローチできるだけでなく、顧客を支援する新しいソリューションを提供できるようになります。」
  • エーアイコーポレーション社 代表取締役社長 加藤 博之 のコメント
    「エーアイコーポレーション社は、27年間にわたりDatalight社の製品を日本に提供してきました。ユビキタス・AIコーポレーション グループの協業によって、今後はDatalight社を通じて世界のお客様の製品開発を強力に支援してまいります。」

※ 本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

  • Datalight社について
    Datalight社は、米国ワシントン州ボセルに本社を置く、組込み機器のデータ保護に関するソフトウェアの先進的開発会社です。Datalightのソフトウェアは、高速かつ信頼性のある組込み機器をいち早く開発することを可能にします。トランザクション方式の高速・電源断ファイルシステム『Reliance Nitro』、eMMCおよびManaged NAND向けのソフトウェアドライバ『FlashFXe』、オンンボードのフラッシュメモリに対応したフラッシュメモリ・マネージャ『FlashFX Tera』などの製品ラインアップを持っています。また、組込み機器メーカー向けに高度で専門的なエンジニアリング・サービスを提供しており、世界中のメーカーに利用された実績があります。すでに全世界で、車載・医療・小売・工業・航空宇宙向けの何百万台もの組込み機器にDatalight製品が組込まれ、出荷されています。日本ではエーアイコーポレーション社が総代理店としてDatalight製品の販売および関連する開発サービスを提供しています。
  • Ubiquitous QuickBoot について
    Ubiquitous QuickBootは、先進的なメモリ管理により、機器およびそのアプリケーションを数秒で起動する高速起動技術です。QuickBootは、機器を電源が完全に切断された状態(コールドブート)から高速起動するだけでなく、機器の待機電力をセーブし、機器のバッテリーの持ちを長くします。QuickBootは、ARMコアv6/v7/v8に対応し、OSとしてLinuxとAndroidで利用できます。
  • ユビキタス・AIコーポレーション グループについて
    2017年4月、ユビキタス社によるエーアイコーポレーション社の子会社化に伴いグループブランド名称として新たに設立。「Ubiquitous Network Framework」や「Ubiquitous QuickBoot」など自社技術をベースとした「小さく、軽く、速い」組込みソフトウェアの企画、開発、販売実績を持つユビキタス社と、30年以上にわたり、Bluetooth SDKやBIOS、ソフトウェア品質向上ツールなど、海外の先端、かつユニークなソフトウェア製品を輸入、販売する技術商社のエーアイコーポレーション社が、両社の取り扱う製品と技術を組み合わせた高付加価値かつラピッドな組込み開発を可能にするソリューションを提案することを目的として活動しています。
    (参考プレスリリース「「組込みソフトウェアNo.1ベンダーを目指して「ユビキタス・AIコーポレーション グループ」ブランドが誕生」」 )
  • 株式会社ユビキタス(証券コード:3858)について
    ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術などの多数のソフトウェアとサービスを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。
    本社所在地 : 東京都新宿区西新宿1-21-1明宝ビル6F / URL:https://www.ubiquitous.co.jp/
  • 株式会社エーアイコーポレーションについて
    エーアイコーポレーション社は、1985年の設立以来、機器組込み用ソフトウェアの専門輸入商社として、ネットワーク、コネクティビティ、ストレージ分野等の各種ミドルウェア、品質向上支援・テストツール、キャリアグレード分野の各種ソフトウェア、UEFI-BIOS等、30社を超える世界のトップメーカーから最先端の技術を持つユニークなスタートアップ企業までの代理店としてライセンス販売を行っています。同時に、これら製品群に関連する移植やカスタマイズと技術サポートを行うことで、車載・民生・通信・産業機器等、マイクロプロセッサ応用製品を開発するあらゆるお客様の最適な「ワンストップパートナー」として歩み続けています。また、自社開発による先端的なリアルタイムOS群と各種製品の統合ソリューションを提供する「OSプラットフォームプロバイダー」としての活動にも力を入れています。
    本社所在地 :東京都品川区西五反田2-25-2 飯嶋ビル

<本製品に関するお問い合わせ先>

  • 株式会社ユビキタス 事業本部 組込ソフトウェア事業部 (担当:木村)
    TEL:03-5908-3451
    E-Mail : sales_info@ubiquitous.co.jp
  • 株式会社エーアイコーポレーション
    TEL:03-3493-7981
    Webからのお問い合わせ:http://www.aicp.co.jp/contact/
Inquiries / materials request
ページの先頭へ