2017年ニュース

トップ > ニュース > 2017/6/21

2017年6月21日

インダストリー4.0推奨通信規格OPC UA準拠
OPC UA 開発キット「MatrikonOPC UA SDK」がバージョンアップ、OPC UA ServerとClientの両方に対応

この度、Honeywell International Inc.の子会社であるMatrikon International(カナダ アルバータ州、以下「Matrikon社」)が開発したOPC UA 開発キット、「MatrikonOPC UA SDK」がメジャーバージョンアップし、「MatrikonOPC UA SDK」R400 がリリースされました。

バージョンアップの内容

OPC UA ServerとClientの両方に対応しました。

  • OPC UA Serverのバージョンアップ内容
    • Profile:Standard UA Serverが追加
    • Facet:
      - Event関連Facet
      - Alarm & Conditions関連Facet
      - Auditing Server Facet
  • OPC UA Clientのサポート内容
    • Profile:Standard UA Client
    • Facet:
      - Core Client Facet
      - Base Client Behaviour Facet
      - Discovery Client Facet
      - Multi Server Client Connection Facet
      - Address Space Lookup Client Facet
      - Attribute Read / Write Client Facet
      - Data Change Subscriber Client Facet
      - Data Access Client Facet
      - Method Client Facet
      - State Machine Client Facet

「MatrikonOPC UA SDK」の特長

  • Windows環境、Linux環境から組込み環境向けへと幅広い環境に実装可能(リソースの少ない環境にも実装可能)
  • マルチスレッド利用も可能
  • 組込みアプリケーション開発向けにANSI C記述のAPIも提(内部コードはC++記述)
  • OPC Foundationの認証取得済み

Matrikon社は、OPC Foundationのコアメンバーとして参加しており、常に最新のOPC技術に関する情報を提供しています。そのため、膨大な量のOPC UA仕様書を読み込む必要なしに、容易にOPC UA規格に対応した開発が可能です。また、「MatrikonOPC UA SDK」には、それぞれの環境にあわせたサンプルプロジェクトが用意されているので、大幅な開発コストの削減となります。 Matrikon社では、OPC UA関連製品の他、OPC Classic製品も提供しています。

Inquiries / materials request
ページの先頭へ