2017年ニュース

トップ > ニュース > 2017/12/1

2017年12月1日

ARM向け統合開発環境『TrueSTUDIO』ver.8.1.0リリース、
サポートMCUおよびプラットフォームを追加

この度、Atollic AB(本社:スウェーデン)のARM向け統合開発環境『TrueSTUDIO』がバージョン アップし、ver.8.1.0がリリースされました。

Ver.8.1.0では、外部ビルダ(Make)を使用する際の連動性が向上した他、各社の新しいMCUおよびプラットフォームをサポートしました。

バージョンアップの主な内容

  • 外部ビルダ(Make)使用時にプログラムサイズをレポートする機能およびビルド後にオブジェクトコンバータを実行する機能を追加
  • FreeRTOSのタスクリストデバッグビューにRun Time Statistics(実行時統計)項目を追加するとともに、FreeRTOSデバッグビューでは、RAMへ静的に割り当てたRTOSオブジェクトを扱える機能を追加
  • ルネサス エレクトロニクス社製MCUのサポートを追加;
    RZ/T1
  • STMicroelectronics社製MCUのサポートを追加;
    BlueNRG-2、STM32L071K8、STM32L071KB、STM32L071KZ、STM32L071C8、STM32L4Rxx、STM32L4Sxx、STM32L442
  • NXP社製MCUのサポートを追加;
    LPC5410x、LPC54628、KS20、QN908x
  • ルネサス エレクトロニクス社製ボードのサポートを追加;
    Starter Kit+ for RZ/T1
  • シマフジ電機社製ボードのサポートを追加;
    SBEV-RZ/T1
  • STMicroelectronics社製ボードのサポートを追加;
    STEVAL-IDB008V1、NUCLEO-H743ZI、STM32L4R9I-EVAL
  • NXP社製ボードのサポートを追加;
    LPCXpresso54102、QN908x-DK
  • Gimasi社製ボードのサポートを追加;
    GMX-LR1
  • GDBサーバを各デバッガの最新ファームウェアに対応
  • その他、細かな機能向上
Inquiries / materials request
ページの先頭へ