• ユビキタス・AIコーポレーション グループ
  • IoT
  • 製品
  • ソリューション
  • 製品採用事例
  • メールニュース申込・解除
  • 展示会・セミナー
  • リクルート
  • 会社概要

製品

ファジングフレームワーク

beSTORM


『beSTORM』は、あらゆるプロトコル/プラットフォームAPI/機器へのファジングを可能とする画期的なファジングフレームワークです。膨大で網羅的なテストケースを自動生成し、起こり得るあらゆる攻撃パターンを想定したテストを行い、機器に含まれる脆弱性を検出します。また定義ファイル作成により、プラットフォームAPIを含むあらゆるソフトウェア層・ハードウェア層へのファジングを実現します。

モニタリング機能も兼ね備えており、問題発生時の原因究明が可能です。数多くのプロトコル/ファイル/インターフェイスに対応するパッケージを用意しており、車載製品を対象としたCAN、産業向けのZigBeeなどのファジングもサポートもしています。

IoT時代に突入し、セキュリティ対策は必須のものとなりました。 『beSTORM』は、ユーザーごとにそれぞれ独自のファジング環境を構築できます。既存のファジングツールでは対応が困難であったターゲットにもファジングを実施し、製品の安全性を網羅的にチェックすることが可能です。

主な特長

  • 膨大なテストケースを自動で生成し、網羅的なファジングを実現
  • 数多くのプロトコル/ファイル/インターフェイスをサポート
  • ISASecure【EDSA認証CRTツール認定】取得済み
  • CAN、CAN-FDをサポート
  • Autosar SecOS/JASPAR メッセージ認証要求仕様(開発中)
  • 定義ファイルを作成することで、プラットフォームAPIを含むあらゆるソフトウェア層・ハードウェア層へのファジングを実現
  • Auto Learn機能による定義ファイル作成のサポート
  • モニタリング機能により不具合発生時の挙動を確認、原因発生箇所の追跡を容易に
  • 単なるランダムなテストケースでは無く、プロトコルを理解した効果的なテストケースを生成し、効率の良いテストを実施
  • 複数のプロセッサ若しくは複数のマシンによる並列実行機能により、優れたスケーラビリティを発揮
  • 攻撃者をエミュレートし、実際に攻撃が成功したときのみをレポートすることで誤検出率を大幅に低減
  • バイナリのアプリケーションをテストすることから、プログラミング言語や使用されているシステムライブラリに依存せず、ユーザー毎に好みの環境にてデバッグが可能
beSTROMクライアント&モニターモジュール。CAN、ZigBeeをサポート
beSTROMクライアント&モニターモジュール
spacer
EDSA認証CRTツール beSTROMのGUI1
spacer
EDSA認証CRTツール beSTROMのGUI2
beSTROMのGUI

提供パッケージ

  • Basic IPv4
  • Basic IPv6
  • Basic Network Clients
  • Basic Network Server
  • Bluetooth
  • WIFI
  • VPN
  • Network Clients
  • Metro Ethernet
  • Mobile
  • Simple Network Clients
  • Routing
  • TLS
  • Tunneling
  • VOIP
  • CANbus/Automotive
  • Files
  • SCADA
  • Hardware

ターゲット製品/対応製品/互換性など

対応ホスト環境 Windows

ユーザーの利益性

  • 網羅的なファジングにより、ゼロデイ脆弱性などを検出可能
  • 定義ファイル作成による、プラットフォームAPIを含むあらゆるソフトウェア層・ハードウェア層へのファジングが可能
  • Auto Learn機能が、定義ファイル作成をサポート
  • モニタリング機能により、問題発生箇所の原因究明を容易化

技術サポート体制

電話、FAX、E-mailによるサポート

Inquiries / materials request
ページの先頭へ