製品

組込み用LWM2Mクライアント

LWM2Mクライアント

LWM2Mクライアントは、メモリーフットプリントを100KB以下に抑えたLWM2Mクライアントソフトウェアです。

消費電力、メモリ、接続容量などに制限のある各種センサ、ドングル、スマートメータなど、デバイスへの組込みに最適化した設計になっています。 LWM2M管理サーバも提供可能です。

サポート機能

  • 最低限のリソースで動作(電力、RAM、バンド幅)
  • セキュアで効率のよいIETF 標準仕様
    UDPおよびSMSバインディングを使ったCoAPおよびDTLS。
    • インターフェース
    • ブートストラップ - 事前プロビジョニング、または、クライアント/サーバのイニシエーション
    • 登録 - クライアント、および、そのオブジェクトを登録
    • 管理およびサービスの有効化 - オブジェクトまたはリソースへのサーバからのアクセス
    • 情報レポート - 新規のリソースの値の通知
  • オブジェクトモデル
    • オブジェクトによるリソースの定義
    • それぞれがインスタンスを持つ
    • 分かりやすい新規オブジェクトの定義
LWM2Mクライアント、サーバの構成

LWM2Mの管理対象(Managed Object)

  • LWM2Mセキュリティ
    管理サーバとデバイスのLWM2M間のセキュリティー関連の処理
  • アクセスコントロール
    管理サーバからのクライアントのデータオブジェクトに対するアクセス権の種類の定義
  • デバイス
    デバイスの固有情報に関連するM2Mデバイスのリソースの詳細
  • ロケーション
    M2Mデバイスの現在の位置についての情報を提供するリソースのグループ化
  • 接続のモニタリング
    ネットワーク接続の状態のモニタリングの手助けになる、M2Mデバイスのリソースのグループ化
  • 接続統計情報
    既存のネットワーク接続についての統計情報を保持するM2Mデバイスのリソースのグループ化
LWM2Mのアーキテクチャ

OMA DMとの比較

OMA DMとの比較 OMA DM LWM2M
トランスポート HTTP、WSP、OBEX バインディング COAP over UDP およびSMS バインディング
接続モデル 複雑なOMA DMプロトコルパッケージ(Package 0-4) 登録およびそれに続くシンプルなCOAP
GET、PUT、POST、DELETE
データモデル 複雑な管理オブジェクトのDMツリー
管理前にサーバは各デバイスの管理ツリーを知っておく必要あり
デバイス間に跨る同一のURIを使ったフラットでシンプルなオブジェクト
メッセージのオーバヘッド HTTP + XMLメッセージ(数百バイト) CoAP + 暗号化されたバイナリTLVまたはJSON(数十バイト)
アプリケーションデータ なし あり
適用可能なデバイス 携帯電話、タブレット、M2Mゲートウェイ 制約のあるローカルな無線またはM2M
携帯電話をベースにしたデバイス
縺雁撫縺蜷医o縺/雉譁咏筏霎シ
ページの先頭へ