おかげさまで30周年
  • IoT
  • 製品
  • ソリューション
  • 製品採用事例
  • メールニュース申込・解除
  • 展示会・セミナー
  • リクルート
  • 会社概要
  • EFI/UEFIフレームワーク
  • ハードウェア自己診断ツール
  • 組込み用レガシーBIOS
  • サーバ用BMCファームウェア

製品

トップ > 製品 > BIOS > InsydeH2O

新技術「EFI/UEFI」実装の次世代BIOS

InsydeH2O®

InsydeH2Oは、従来のBIOS(Basic Input/Output System)を置き換えるために開発された新技術「EFI/UEFI」仕様を実装した、C言語ドライバベースの次世代BIOSです。

コードの再利用ができるソフトウェアモジュールであり、そのコードの大半はプラットフォームに依存しないため、従来のBIOSでは対応できなかったCPU「Itanium」など、IA-64アーキテクチャに対応することができます。

InsydeH2Oには、従来型BIOSとのランタイム互換性を提供する CSM(Compatibility Support Module)、ソフトウェアデバッグ&診断ツール H2ODDT がオプションで用意されています。

主な特長

InsydeH2O UEFIフレームワーク
  • 「EFI/UEFI」仕様で実装済み
  • C言語で記述されているため、カスタマイズや開発の生産性を向上させることが可能
  • HTMLでBIOSのGUIを作成可能
  • Insyde H2O上で動作するプリ・ブート アプリケーションもオプションで対応可能
  • HTMLの活用により、容易にコンテンツやアプリケーションの開発も可能
  • ソフトウェア資産の再利用が容易なソフトウェアモジュール
  • ソースコード提供可能
CSM レガシーBIOSを使用するOSに対応するためのモジュール
  • 採用実績No.1
  • モジュール方式で削除可能であり、各種のプラットフォーム間で簡単に移植可能
  • ソースコード提供可能
H2ODDT ソフトウェアデバッグ&診断ツール
  • メモリサイジング前の、PEIの段階からデバッグ可能
  • C言語ソースレベルでのデバッギングとトレース機能
  • USB2.0 インターフェイス(Insyde H2O DDT専用ケーブルが付属)
  • Windows XP、Windows 2000用のデバッガソフトを同梱

主な仕様

  • EFI (Extensible Firmware Interface)
    従来のBIOSに入れ代わる、次世代フォームウェアモデル。ハードウェアプラットフォームとオペレーティングシステムの間のインターフェイスとして機能し、米インテル社が開発した新仕様。 現在 EFI 1.10仕様まで公開されている。
  • UEFI (Unified Extensible Firmware Interface)
    2005年にUnified EFIフォーラム(以下「UEFIフォーラム」)が創設され、UEFIフォーラムではインテル社のEFI 1.10仕様をベースに、UEFI 仕様としての作成、管理、推進が行われている。 2006年1月31日に UEFI フォーラムから UEFI 2.0仕様が公開された。

ターゲット製品 / 対応製品 / 互換性など

対応CPU ・PentiumなどPC向けIA-32アーキテクチャ プロセッサ
・サーバ向けIA-64 Itanium
・組込み向けプロセッサへの対応も可能

主な用途(アプリケーション例など)

  • デスクトップPC
  • ノートブックPC
  • 各種サーバ
  • モバイル機器
  • 組込み機器

ユーザーの利益性

IBM PC の発売からすでに20年以上が経過し、パソコンに欠かせないのが BIOS(Basic Input/Output System) です。しかし、繰り返される技術革新のなかで、これまでの BIOS ではさまざまな問題が出てくるようになりました。例えばリアルモードでの実行しかできないこと、アセンブリ言語で記述されているために拡張性が低いこと、現在のCPUの性能を十分に生かせないことなどです。これらを解決に導くのがInsydeH2Oです。

技術サポート体制

専任の担当者による技術サポートを提供いたします。

移植・チューニング

社内に開発部門を有し、お客様の製品開発を支援しています。各種サーバ、ノート型PC、組込み機器メーカ向けに、ライセンス販売から技術サポート、トレーニングおよびユーザハードウェアへの移植などのサービスを一貫して提供します。

関連製品

  • AMD社製 Geodeシリーズ専用BIOS 「XpressROM」
    組込みシステム向けに AMD 社と Insyde 社が共同開発した、AMD Geode シリーズに特化されたBIOSです。
  • ハードウェア自己診断ツール 「H2ODST」
    HDD/SSD、メモリー、CMOS、ディスプレー、PCIバス、シリアルポート、SPI ROMなどのハードウェアを診断することができるツールです。
縺雁撫縺蜷医o縺/雉譁咏筏霎シ
ページの先頭へ