製品

トップ > 製品 > OS > Ubiquitous QuickBoot Lite Edition

Linux / Androidシステム用高速起動ソリューション

Ubiquitous QuickBoot Lite Edition

近年、機能の複雑化が進むデジタル家電や車載機器のOSに、LinuxやAndroidを使用するケースが増加しています。電源断からの起動(コールドブート)時間が数十秒から1分前後もかかる場合もあり、機器メーカーにとって改善すべき課題となっています。

Ubiquitous QuickBoot Lite Editionは、ユビキタス社が独自開発した起動技術をベースに、これまでQuickBootの導入が難しかった、価格を抑えながらも高速化を図りたいというお客様の要求に応えたパッケージです。

QuickBoot Lite Editionを利用することで、ユーザーの操作性を損なうことなく、待機電力をほぼゼロにした状態からシステムを瞬間的に起動できる製品が開発できます。

主な特長

  • 起動モードとしてStandardモード(ハイバネーション)をサポート
  • 評価ボードに対応したサンプルQuickBoot BSPを提供
  • ソースコード提供(一部バイナリ)
  • ランタイムロイヤルティとセットにしたリーズナブルな価格設定
  • オプションで以下を用意
    • Androidに対応するためのAndroid Pack
    • リアルタイムOS(TOPPERS-Pro)と連動するためのSafeG Pack
    • Linux/Androidクラッシュ時のチェックディスクやジャーナリング処理が不要となるファイルシステム(RelianceNitro)

SDKイメージ

QuickBoot R2.0 SDK Lite Edition仕様

大項目 中項目 小項目 内容
ハードウェア要件 RAM サイズ 数百キロバイト。QuickBoot BIOS / IRA、QuickBoot Storage BIOSで使用
不揮発性メモリ 種類 NORフラッシュ、NAND フラッシュ、SDカード、eMMC、HDDなど、スナップショットイメージ格納用として使用
サイズ Linux / Androidで使用しているメモリサイズ
圧縮サポート サポート有り(LZ4、zlibなど圧縮のサンプルコード同梱)
格納方式 パックドイメージ(Packed Image)
圧縮イメージ(Compressed Image)
ストレージ共有 LinuxとQuickBootで1つのストレージを共有可能
ソフトウェア要件 サポートOS Linux Kernel 3.x, 4.x その他については、お問い合わせください
Android Android 4.x, 5.x, 6.x, 7.x 最新バージョンには、順次対応予定
オプションパッケージのQuickBoot Android Packにてサポート

対応環境

  • 対応ボード
    • BeagleBone Black (TI AM335x) リファレンスQBSP
    • NXP i.MX6x SABRE SDB サンプルQBSP
    • NXP i.MX7D SABRE EVAL サンプルQBSP
    • iWave RZ/G1H PF (開発中)

主な用途(アプリケーション例など)

  • 産業機器
  • 医療診断機器
  • モバイルルーター
  • 特殊機械

販売形態

SDK CPU、対象機器固定の開発用ライセンスです。
量産ライセンス 上記SDKを元に対象機器にコピーする際に必要となる量産ライセンスです。数量に応じて金額が変わります。
SDK+量産ライセンス 同時にご購入いただくことで、よりリーズナブルな価格でご利用いただくことができるパッケージです。
Inquiries / materials request
ページの先頭へ