• ユビキタス・AIコーポレーション グループ
  • IoT
  • 製品
  • ソリューション
  • 製品採用事例
  • メールニュース申込・解除
  • 展示会・セミナー
  • リクルート
  • 会社概要

製品

IoT向けHMI/SCADAソリューション

VoT(Virtualization of Things)

『VoT』は、センサーデータをネット上に仮想化するための技術です。

Scadaまたはセンサーネットワークで集めたデータの管理・分析を行い、HMIインタフェースに変換し、インターネット上でタブレットやスマートフォンなどからのアクセスを可能にするIoTソリューションです。

Status Enterprise Server

サーバ用OPC UA、データヒストリ管理、データ計算、アラーム機能付きソフトウェア

Status Model Designer

データモデルの作成用アプリケーション

Status Enterprise Gateway

HTML5.0対応、HMIのウエブ経由でモバイルデバイスからもアクセス可能

Status Mimic Designer

HMIインタフェース作成用アプリケーション(ドラッグ・アンド・ドロップ)

Status Application Designer

HMIインタフェース作成用アプリケーション(.NET、C#、Visual Basic対応)

Status Model Browser

HMI情報を作成ためのWindowsアプリケーション

主な特長

  • VoT(Virtualization of Things):
    センサーデータをネット上に仮想化するための技術
  • HMI(ヒューマンマシンインターフェース)をカスタマイズするためのGUIベースのソフトウェアを提供可能(豊富なHMIテンプレートも提供)
  • Real Timeデータを画像化、任意のデバイスからウェブブラウザで監視可能(HTML5.0対応)
  • 過去データの分析、アラート、ログ、計算、レポートにも対応可能(ソフトウェアの追加費用なし)
  • 工場やビルのインフラなど、データをまとめるシステムのすべてに適用
  • 既存のScadaシステムにも対応可能
  • 日本語対応
  • OPC UA、OPC DA data connectorなど、さまざまなデバイスに接続可能

主な用途(アプリケーション例など)

  • インフラ
  • 工場
  • 発電所
  • ビル
  • 農業
  • 交通機関(電車、船舶など)

技術サポート体制

専任担当者による技術サポートを提供いたします。

移植・チューニング

社内に開発部門を有し、お客様の製品開発を支援しています。

縺雁撫縺蜷医o縺/雉譁咏筏霎シ
ページの先頭へ