製品

MQTTクライアントプロトコル

HE-MQTT、HE-MQTTS

MQTT(Message Queue Telemetry Transport)は、軽量な「パブリッシュとサブスクライブ」モデルのTCP/IP上で使用するためのメッセージング交換プロトコルです。 MQTTの本来の目的は、限られた帯域幅を使用しながら複数のデバイスからデータを収集することでした。

現在MQTTはマシンツーマシン(M2M)システムのIoT(Internet of Things)接続として主に使用されています。

HE-MQTTは、IoTデバイスのMQTTクライアント機能(パブリッシャ、サブスクライバ)を実装した製品です。HE-MQTTはMQTTクライアントプロトコルを使用して、IoTクラウドサービスプロバイダのMQTTブローカに接続することが可能です。

また、TLSセキュアコネクション上にMQTTを実現したHE-MQTTSセキュアパッケージもご用意しています。HE-MQTTSを使用することでインターネットにおけるユーザデータの秘匿性、耐改竄性が担保可能です。

「HE-MQTT」は、少ないROM/RAMフットプリントで動作するよう設計されているので、IoTエッジデバイスのワンチップマイコン向けセキュリティソリューションに最適です。

AWS

シンプルなパブリッシュ・サプスクライブ操作の一例

シンプルなパブリッシュ・サプスクライブ操作の一例

主な特長

  • MQTT.org が策定したMQTT v3.1.1仕様に準拠
  • メッセージデータ(トピックス)のパブリッシュ(投函)、サブスクライブ(受信)を行うAPIを提供
  • Quality of Service (QoS)のレベル 0、1、2をサポート
  • Last Will and Testament(LWT)によるクライアントダウン通知機能に対応
  • 保持されたメッセージの使用をサポート
  • クリーンセッション/継続的なセッションの認識
  • ユーザー名とパスワードによる認証をサポート
  • HE-MQTTSはTLSセキュアコネクションとX.509証明書ベースの認証をサポート
  • CPU/OS非依存、OSなしでも動作可能
  • 移植が容易なモジュール構造
  • グローバル市場において豊富な実績
  • ドロップイン・ソリューション
    MISRA C:2004準拠TCP/IPスタック「HE-NET」にドロップイン可能
Azure

HE-MQTT、HE-MQTTS製品構成ブロック図

HE-MQTT、HE-MQTTS製品構成ブロック図

ユーザーにおけるメリット

  • 少ないROM/RAMで動作するため、IoTデバイス向けワンチップマイクロコントローラへの組込みが可能
  • MISRA準拠の開発プロセスを経て開発された製品を使うことで、セキュリティリスクを最小限に抑えることが可能
  • グローバル市場における豊富な実績に基づくソリューション
  • 高い信頼性およびパフォーマンスの実現

採用事例、アプリケーション例

  • IoTエッジデバイス
  • IoTゲートウェイ
  • ウェアラブルデバイス
  • クラウド向け産業機器
  • FA機器
  • インフラ機器
  • HEMS

移植・チューニング

移植請負開発も随時対応可能です。

Inquiries / materials request
ページの先頭へ